タイトル

・再交付申請の理由が次の(1)(2)いずれかで、申請書類が異なります。

 (1) 宅地建物取引士証(取引主任者証)を亡失、滅失、汚損、破損した場合の
     再交付申請をされる方
  ←クリックしてください。
 (2) 取引主任者証から宅地建物取引士証へ切替える場合の
     再交付申請をされる方
  ←クリックしてください。


(1)宅地建物取引士証(取引主任者証)を亡失、滅失、汚損、破損した場合の再交付申請をされる方

 宅地建物取引士証(取引主任者証)を亡失、滅失、汚損、破損した場合は、再交付の申請をすれば有効期間の残余期間について、同証の再交付を受けることができます。

 再交付の申請は、次の書類等を作成及び用意して、本人または代わりの方(委任状は不要)がセンターに持参するか、郵送(現金書留)のいずれかの方法により申請してください。

なお、宅地建物取引士証は、申請受付から1週間〜10日後に交付します。


 〔申請先:(一財)大阪府宅地建物取引士センター〕
交付申請に必要なもの
持参による申請
郵送による申請
ア.宅地建物取引士証再交付申請書      1部
注1
注1
ウ.証明写真(カラーで同一のもの)  2枚
注2
エ.印鑑(必要箇所に押印済の場合は不要)
オ.宅地建物取引士証(取引主任者証)
  *汚損、破損の場合のみ
原本
原本
カ.警察の遺失物等証明書又は遺失物等届の受理時に
  警察から交付される取扱者カード
原本の提示
コピー
キ.亡失・滅失状況届                1部
  *亡失、滅失の場合のみ
注1
ク.交付手数料 注3
4,500円(振込不可)
ケ.返信用封筒(392円切手貼付の定型封筒)
(取引士証を郵送希望の方のみ)○
注1 注1 ア.イ.キの様式名をクリックするとダウンロードできます。
注2 ウ.の写真は、申請前6ヵ月以内に撮影した肩から上・正面・無帽・無背景で、縦3cm×横2.4cm(運転免許証サイズ)です。
なお、鮮明でないもの、写りの小さいもの、写真専用紙以外にプリントしたものは受付できません。
注3 ク.の交付手数料は、郵送申請の場合、現金4,500円とアからケまでの申請書等を現金書留封筒に入れて郵送してください。
写真はセンターでも撮影できます(6枚1組600円)。
宅地建物取引士証の代理受領は、委任状及び,代理人の印鑑が必要です。

 なお、亡失、滅失した宅地建物取引士証(取引主任者証)を発見したときは、速やかに当センターまで返納してください。

(2)取引主任者証から宅地建物取引士証へ切替える場合の再交付申請をされる方

 宅地建物取引主任者証から宅地建物取引士証への切替えを希望する場合は、再交付の申請をすれば有効期間の残余期間について、宅地建物取引士証の再交付を受けることができます。

 再交付の申請は、次の書類等を作成及び用意して、本人または代わりの方(委任状は不要)がセンターに持参するか、郵送(現金書留)のいずれかの方法により申請してください。

なお、宅地建物取引士証は、申請受付から1週間〜10日後に交付します。


 〔申請先:(一財)大阪府宅地建物取引士センター〕
交付申請に必要なもの
持参による申請
郵送による申請
ア.宅地建物取引士証再交付申請書      1部
注1
注1
ウ.証明写真(カラーで同一のもの)  2枚
注2
エ.印鑑(必要箇所に押印済の場合は不要)
オ.宅地建物取引主任者証
原本またはコピー
コピー
カ.交付手数料
注3
4,500円(振込不可)
キ.返信用封筒(392円切手貼付の定型封筒)
(取引士証を郵送希望の方のみ)○
注1 ア.イ.の様式名をクリックするとダウンロードできます。
注2 ウ.の写真は、申請前6ヵ月以内に撮影した肩から上・正面・無帽・無背景で、縦3cm×横2.4cm(運転免許証サイズ)です。
なお、鮮明でないもの、写りの小さいもの、写真専用紙以外にプリントしたものは受付できません。
注3 カ.の交付手数料は、郵送申請の場合、現金4,500円とアからキまでの申請書等を現金書留封筒に入れて郵送してください。
写真はセンターでも撮影できます(6枚1組600円)。
宅地建物取引士証の代理受領は、委任状及び代理人の印鑑が必要です。
ア〜キまでの書類等で不足があった場合は、受付できないことがあります。

 取引主任者証は宅地建物取引士証受領後、事務処理の都合上、1週間以内に当センターまで返納してください。

申 請 先
一般財団法人大阪府宅地建物取引士センター
〒540-0036 大阪市中央区船越町2−2−1 大阪府宅建会館3階
電話番号 06−6944−0281
受付日時 月曜日〜金曜日(祝日、年末・年始等を除く)
午前9時〜午後5時
ページトップへ